Thinkpad X1 CarbonにArch Linuxをインストールしてずっと使ってたんですが、ふと思う所ありWindowsに戻しました。

で。非macOSの使用時に毎回課題になるのがグローバルレベルでのEmacsキーバインドが非対応な件。ほかのグローバルに設定しているキーバインドも含めて今回結構いい感じにできたのでメモがてら投稿しときます。

細かい設定方法は書かないのでググってみてください。普通に設定するだけです。

環境

  • Windows 10 Pro
    • ちなみにThinkpad X1 Carbon
  • USキーボード

キーのRemap

KeySwap 。随分前に更新が止まってるみたいなんですがぜんぜん未だに使えます。

やってることは以下↓

  • CapsLockにRCtrl
    • Lじゃないのがポイント。どうせRCtrl使わないので何も考えず潰してしまいます
  • 左右両方のCtrlとAltの入れ替え
    • macOSライクに使いたいのでやってます。必要なければやらないでOKかと思います

Emacs化

ベースとして Keyhac を導入し、設定は Fakeymacs を使用してます。

今の所はほぼそのまんま使ってます。一点、Fakeymacsの設定でRCtrlをトリガーにする変更をするのを忘れなければOK。 fc.side_of_ctrl_key ってやつです。

あとそもそもEmacs化と言っても僕は基本Vimmerなので使うのは fbpnaedky くらい。というわけでおそらくプリセットのかなりの部分は不要なんですが、まあそのままにしてます。

グローバルなキーバインド

AutoHotKey を利用してます。かなりいろんなことができるんですが、自分の場合はRCtrl + 数字キー (+ Shift)にアプリケーションのホットキーを割り振ってます。これをやるとコンピュータと脳みその距離がかなり近くなる感じがあるので外せません。

おまけでRCtrl + Shift + ; で現在年月日、RCtrl + Shift + ' で現在時分を出力ってのも仕込んでます。地味に便利です。

ちなみに自分の 設定はこちら。とても便利です。

なぜAuthHotKeyでEmacsキーバインドを設定しないか

押しっぱなしにした際に素のキーが入力されちゃうことがありました。これどうにもならないんでしょうか?

Google 日本語入力

一般 > キー設定 > キー設定の選択 > 編集 より以下2つを Ctrl Space に設定してます。なおGoogle 日本語入力以外のIMEは全部OFFにしてます。

  • 直接入力 > IMEを有効化
  • 入力文字なし > IMEを無効化

以上です。読んでくださった方の役に立ったらば幸いです。